Zレーシック

○フラップ作成…FEMOTO LDV

○視力矯正…エキシマレーザー(ビジックス・スター S4 IR)

Zレーシックは、レーザー照射がナノレベルという、最新の機械を使用しています。イントラレーシックでは、 このレーザーの照射レベルが高いため、フラップ作成時の周辺組織への影響を懸念する声がありました。

Zレーシックは、Ziemer社のFEMOTO LDVを使い、低エネルギーでのレーザーを利用しています。このため、周辺組織への浸襲は少なくなり、術後の炎症が軽減できるようになりました。 イントラレースよりも照射時間が短いのも特徴のひとつで、さらに安全性が高まったと言えるでしょう。

こんな方におすすめ

  • 角膜が薄いため、他のレーシックが受けられない方
  • 職業上、眼鏡等の使用が難しい方
  • 合併症、副作用が心配な方(合併症が絶対ないわけではありません)
  • 自然な見え方をお望みの方

レーシック手術の種類

このページの先頭へ