ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、視力矯正の効果の精度を上げるために、「ウェーブフロントアナライザー」や「ウェーブスキャン」という検査機器をプラスした矯正術です。

これらの検査機器は、光の屈折のズレを解析するためのもので、眼球表面の形状の解析が可能となります。 この解析データを基に、エキシマレーザーでの屈折矯正を行うため、わずかなゆがみも矯正され、はっきりとした視界が得られるようになります。見え方の質にこだわった、最近技術と言えます。

こんな方におすすめ

  • 角膜が薄いため、他のレーシックが受けられない方
  • 職業上、眼鏡等の使用が難しい方
  • 不正乱視のある方

レーシック手術の種類

このページの先頭へ