レーシック

○フラップ作成…マイクロケラトーム(眼球用電動カンナ)

○視力矯正…エキシマレーザー等

機械のコストが安いため一般的に低価格です。フラップの作成は、医師の手で行われます。 コンピューター制御のレーザーにより削られたフラップと比べて、厚みや切開面が不安定になりがちで、レーザーを照射する深度も浅くなるため、術後の視力安定効果はやや落ちると言われています。

こんな方におすすめ

眼鏡やコンタクトレンズが手放せないが、わずらわしく思っている方

職業上、眼鏡等の使用が難しい方

レーシック手術の種類

このページの先頭へ