イントラレーシック

○フラップ作成…イントラレースFSレーザー

○視力矯正…エキシマレーザー

多くの眼科で採用されている方法です。フラップの作成にも高性能なコンピューターで制御されたレーザーを使用します。 イントラレーシックは、このように、フラップの作成にもイントラレースを用いた視力矯正手術の総称となり、広義では、アイレーシックも含まれます。

このように、フラップ作成にも、精密なレーザーが使用されるため、手術の安全性や制度は、 レーシックよりも高まったため、従来のレーシックでは手術困難とされていた方でも利用可能となるケースが多くなっています。

また、レーシック術後に、一時的にみられるドライアイの出現率が低くなっていること、乱視でも手術が可能なことなどが特徴です。

こんな方におすすめ

眼鏡やコンタクトレンズが手放せないが、わずらわしく思っている方

職業上、眼鏡等の使用が難しい方

レーシック手術の種類

このページの先頭へ