iLasik(アイレーシック)

○フラップ作成…イントラレースFSレーザー

○視力矯正…エキシマレーザー(ビジックス・スター S4 IR)

○収差測定…ウェーブスキャン・ウェーブフロント

※収差測定とは、フラップ作成の前に、一人ひとりの眼球表面のゆがみ(収差)を測定することです。

iLasik(アイレーシック)は、米国AMO社が商標登録している視力矯正術で、同社の機器を使用して行います。


イントラレーシックのひとつではありますが、手術全般にAMO社の機器を使用していること、 収差の測定を行なうため、個人個人の目の状態に合わせた手術が可能であること、などのメリットがあります。

収差を測定し、ゆがみも矯正するため、同じ視力でも、見え方の質はぐんと上がります。例えば、にじんだり、ぼんやりとしていた視界がはっきりする、 夜間や暗い場所での光の見え方も大変クリアになる、といった従来の見え方の欠点や、副作用とよばれているような症状も解消できるようになりました。

アイレーシックは現在、NASAでも認定されている視力矯正術です。アメリカでは、軍人やパイロットも、アイレーシックを利用しています。

こんな方におすすめ

  • 角膜が薄いため、他のレーシックが受けられない方
  • 職業上、眼鏡等の使用が難しい方
  • 見え方にこだわってみたい方

レーシック手術の種類

このページの先頭へ