自分にあった手術方法を選ぶことが重要です

『レーシック』は、今もっとも注目されている視力矯正術です。国内での利用者も年々増加しています。

レーシックは、ひとことで言えば、レーザーによる視力矯正術です。このレーシックの術式には、様々な種類があることをご存知ですか? レーシックをよりよく理解するために、ここでは、それぞれを説明します。

レーシック手術のメインとなるステップは、「フラップ作成」と「屈折矯正」のふたつです。 「フラップ作成」とは、角膜表面を薄く削り、ふたのようなものをつくることであり、「屈折矯正」とは、フラップを持ち上げて、レーザーの照射により角膜の光の屈折率を調節することです。

レーシックの種類や名称は、このふたつの精密な作業で使用する機械と方法によって決まります。

レーシック手術の種類

このページの先頭へ